薬物依存を越えて ー回復と再生へのプログラムー

最終更新日:2015年8月8日 470 Views Twitter Facebook Google+
覚醒剤乱用者数260万人という現実。 社会から必要とされていない、役に立たないという「寂しさの痛み」から薬物依存は生まれる。 民間の薬物依存リハビリ センター「ダルク」を設立した著者が告白する自らの覚醒剤依存体験と回復への軌跡。 シンナー、覚醒剤、麻薬など、薬物依存者の急増が警告するものと は…1995年東京弁護士会人権賞受賞。
  • 著者:近藤 恒夫
  • 発行者:株式会社 海拓舎
  • 発行:2003年7月1日 第2版発行
  • 体裁:単行本 278p
  • 定価:1,680円(本体:1,600円)
017.jpg
画面の上へ
画面の上へ